口コミを参考

椅子とリビング

インテリアを替えたい、まずはフローリングにして内壁などの壁紙も変えて部屋のイメージを替えたいと思う人が増えています。
具体的に実現させるには、インテリアコーディネーター、デザイナー、建築士、施工業者、家具大工、大工、電気工、配管工などなど様々な専門業者が登場するのがリフォーム工事の特徴です。
最初は設計士やインテリアコーディネータに自分の思い描くリフォームのイメージを図面にしてもらうことから始めます。
その前に、場合によっては今の住宅や店舗の状態をきちんと設計士や大工などに調べてもらうということも、特に古い物件の場合は重要です。
思い通りのリフォーム工事となるためには、この設計段階、事前調査段階を丁寧に行うことが後々の内装、建設工事をスムーズに進めるカギになります。

設計士やインテリアコーディネーター、デザイナーなどはまさに理想の姿をきちんと図面化するまでの過程を行います。
それぞれのリフォーム工事は建設業者が行います。
フローリングであれば、下地を木などで組んで上には板材を貼っていくケースや、直接、ビニール系の床材を貼ったり、極端には解体をしてコンクリートだけを打ったりといろんな仕上げがあり、それぞれ得意な業者がいます。
さらに給排水、ガス関係には設備工事関係の建設業者もかかわります。
リフォーム工事を進めるには多様な業者がかかわるため、ある程度まとめて実行できる建設業者にお願いするのが安心です。
設備工事とインテリアの工事は重なる部分が色々とでてきますので、最後の細かな調整を業者間で行うのは骨が折れます。
できれば設計から施工までリフォーム工事を請け負ってくれる業者にお願いするのが仕上がりやトラブルがあったときの対応などの際に安心することができます。