選び方

家の模型と手

車を汚れや跳ね上げた小石などから保護したり、建物の床を汚れや傷から保護するワックスは英語でWaxと綴り、その言葉の語源は蜜蝋から来ています。
蜜蝋はミツバチが巣を作る際に分泌している液で、この蜜蝋は人類と昔から深い関わりがあります。
例えば既に紀元前4000年以上前のエジプトの遺跡でミイラの保存のために使用されていたものが発見されています。
また同じく紀元前1000年ほどのエジプト王家の墓において蜜蝋で密閉をした瓶も発見されており、中の液体もしっかりと残っていたことがありました。このように古くから人類は蜜蝋を用いており、その用途の1つとしてコーティング剤としても用いられていました。
その後はクジラから抽出した蝋やハゼの実から抽出した蝋など蝋は様々な生物から作られるようになり、近代になって石油を原料とするワックスが主流となるまで蝋は多く使われていました。
現在ではワックスは油性と水性、そして樹脂を用いたものがあり、このうち主流は樹脂を用いたものです。一方フロアコーティングは2000年頃から用いられるようになった比較的新しい技術です。
最初のコーティングはシリコン系コーティングが用いられており、その後はUVコーティングやガラスコーティングが生まれて現在に至っています。

施工の注文においては工夫が必要であり、中間マージンを取られない業者を選ぶことはその典型であると言えます。
元請業者を介さず直接施工が者に注文することで中間マージンを取られる憂き目に遭わずに済みます。
清掃業者が副業で行っている施工を利用しないことも重要であり、こうすることで未熟な施工により結果に対して不満を抱く心配を避けることができます。
最後に使用したいと考えているワックスの種類と施工したいと思っている箇所に使われる床材の種類とが適合しているかどうかが重視されます。
特に業者の方から特定の製法を一方的に勧められた場合はそれが本当に合理的な手段であるかどうかについて一度冷静になって考えることが求められます。